モテるテクニック集

公務員の彼女が欲しいならナンパ力をつけろ

住民票とか印鑑証明を取りに行く時に行くのが市役所や区役所ですね。

その窓口の若い女性って、なんだかカワイイ女性や綺麗な女性が多くないですか?

「女子にモテたい、特に公務員の彼女が欲しい」

と、思うのも当然です。

 

実際、彼女達はレベルが高い。
彼女にするにも、結婚するにも、親に紹介するにしてもハイスペック。

なので、モテる力を強めたら「公務員の女性」をメインに口説くのをオススメしています。

 

今回は、公務員の若い女性が良い理由とゲットするための方法を伝えます。

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

「公務員の彼女」がハイスペックでグレードの高い理由

一般的な公務員になるには、大学を卒業した後、公務員試験に合格しないとなれません。

さらに、部署に応じて面接があります。

 

面接は、ほぼ年配の男性が担当します。

年配の男性は既存男性職員の「お嫁さん候補」として新人女性公務員を選びます。

なので、美人だったり、可愛い若い女性を選ぶのは当然のこと。

CAほどの外見重視の面接ではないが、男性が見て「採用したい」と思うルックスの持ち主が集まりやすい、って事です。

 

大学を入学する財力が実家にあり、公務員試験に合格できる賢さもある。
さらに、面接でルックスもOKと認められた女性、という。

 

賢くても見た目が…とか。
外見が良くても常識が無かったり、話していて理解の遅さにイライラする事もないです。

ナンパが公務員の彼女を作る最短の方法の理由

しかし、公務員の若い女性と出会うのは難しいです。

 

◆公務員は終業時間が早い

◆気合い入れて夜遊びする女子は少ない

◆同じ職場でカップルになりやすい

以上の理由からです。

 

もともと積極的ではない女性が多いので、トラブルの少なくない夜遊びは避けがち。

なので、「昼間に声をかけて親しくなっていく」事をしないと公務員女性をゲットする事は至難の業。

だから昼間の声かけ、つまりナンパなワケです。
アルコールの助けを使えない分、夜よりも本来のナンパ力が求められます。

ナンパ力を上げるために必要なやるべき事

「ナンパ力」、つまり「コミュニケーションスキル」を向上させるためにするべき事。

 

それは、

『女性とコミュニケーションをとり、失敗して、その失敗から学ぶこと』

です。

そのためには「失敗してもいい場所」で「たくさん失敗する事」で最短でレベルアップ出来ます。

 

失敗してもいい場所とは、そう「出会い系サイト」です。


モテるために、出会い系サイトを使って彼女を作る事にトライしてみる。
失敗したらPDCAを回し、対策を立てて挑戦する。
成功したら、うまくいった事を参考にして勝ちパターンを作る。

自分の勝ちパターンが作れたら、今度は昼間ためしてみよう。

 

ナンパ場所は、HUBやナンパストリートばかりでは無い、カフェや公園でもできる。

初心者では無理だろう、でも経験をつんでいけばできる。
おれでも出来たんだから、あなたに出来ない理由がない。

まとめ

公務員の若いカワイイお姉さんとお会いする場所は限られている。

そのチャンスをモノにするためには、場数をこなしていけばいい。

 

出会い系サイトを使って彼女できた、しかしそこからがあなたのスタートになる。

 

はっきり言って、出会い系サイトを使えば仲良くなれる彼女はすぐできる。

でも、もっと美しい女性と付き合いたい、遊びでなく結婚も考えられる相手が良い、と思うかもしれない。

 

モテない男は選択肢が無いが、モテる男になれば選べる側になれる。

しかし、出会い系をはじめていないなら、実地でナンパをすればいいのだが、ハードルが高い。
だから、モテたいあなたに「出会い系サイト」をすすめる。

 

ここから始めれば、ローリスクからモテる男になれる。

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX
ほんのすこしだけ、未来の彼女のために勇気をだしてみませんか?

このエントリーをはてなブックマークに追加