準備編

女性への接し方は男の友人とは大違い【恋愛するための基礎の基礎】

ポーカーの格言でこんなものがある。

『その場でカモられているのが誰だかわからない時は、自分がカモにされている』

相手、そして勝負するルール、さらに自分の実力を良く知る事の重要性を教えてくれる。

 

恋愛にしても、遊びにしても、『ゲーム』のプレイヤーになりたいなら、女性への理解が必要。

ここでは、女性の行動や思考の【傾向と対策】をしてみる。

女性を自分(男)と同じ生き物と思うな

ほとんどの生物のオスメスは形や行動パターンが大きく異なる。

「チョウチンアンコウ」のメスは巨大な深海魚、ライトの疑似餌でエサをおびき寄せる。
オスはメスの約1/10の大きさ、真っ暗な深海でメスを探し回る。
運よくメスを見つけられたら、メスに噛みつき吸収(怖い)される。
…脳も心臓も吸収されて自我を失い、精巣しか残らない…(これが現実、圧倒的現実)

「クジャク」で美しい方はオス、メスは極めて地味な小柄で茶色い鳥。
※寿命が20年もある、長生き

 

人間の男女では、そこまでの外見や大きさの違いはない。
ただ機能と精神構造が違うだけ。

男は、多くの女に子供を産ませたい
女は、優秀な遺伝子をもらい優秀な子を産み、安全に育てたい

 

お互いに『求める物が違う』事をまず理解してみよう。

 

女性は『生物的に優秀な男』と『子育てに協力的な男』を求める

1つ目の条件の優秀な男、とは優秀な遺伝子をくれる男
では優秀な遺伝子とは何か?

病気になりにくく、異性にモテる子供を産める遺伝子、の事になる。
自分の子供が子孫を残せなかったら、生物として終わりだから。

だから、モテる男の遺伝子、は女性が本能的に欲している。

ちなみに、自分と近い遺伝子だと病気になりやすく早死にする可能性が高まるので本能的に避けるシステムがいくつかある。
分かりやすいのが、クサい臭い。

お父さんが娘に嫌われるのは、ただ不潔なだけじゃない。
遺伝子が近いため、万が一子供を作ってしまったら弱い子が生まれやすくなるので、本能的に避けている。

 

2つ目の条件は、子育てに協力的な男。

自分だけでは子供をより良く育てるのが困難、と女性の本能は知っている。
なので、自分と子供を保護してくれる優しい男を求める。

この場合、協力的な男がモテなくても関係ない。
なので、『魅力的な男』と子供を作り『協力的な男』に生活の面倒を見てもらう場合もありうる。

すると『協力的な男』は女性を捨てる。
女性は捨てられてはたまらない、なので「ウソをつく」などの戦略をとっている。

 

 

さて、その他に該当する男性はどう見られるか。
雑魚かATMでしかない。

適当に利用されておしまいなので、カモられないうちに距離を取るといい。
それが嫌なら、少しづつでもモテる経験を積んでいけばいい。


女性が精神的にタフになる理由

常時性的にターゲット&同性同士で足の引っ張り合いをしている

この2つで女性はメンタルが鋼になる。

性的にターゲットにされる気持ちは男性にはわかりづらい。
ガチホモのいるサウナで一晩過ごす、が近いと思う。
女性は、『それが子供の頃からずっと』なのだから強くもなる。

成熟した大人の女性なら、いくらでもターゲットにしていいが、未発達の少女にはいけない。
ゲームとしてフェアじゃない。
相手が何を得て、何を失うのか、分からないうちはターゲットにすべきでは無い。

 

より良い遺伝子を獲得するための足の引っ張り合い。
美人を落とし入れたり、合コンに自分の引き立て役を連れて行ったり。
野球部のレギュラー争いよりもえげつない。
そんな日常を送っている相手とガチでやりあって勝てるようにならないといけない。

まとめ

女性は男性の価値観で動いていない。
女性は女性の本能で動いている。

だから、『男としてダメじゃないか?』と思う行動が女性からすると『魅力的』になる事が多い。

 

これは自分で行動して経験をつまないと分からない。
なので、このサイトを参考にしつつ、行動してほしい。



サクラゼロの出会い系
PCMAX無料登録はこちら(18禁)